読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Cloud Storage Python APIのアクセスコントロール

http://code.google.com/appengine/docs/python/googlestorage/overview.html

の途中の、アクセスコントロールの所がわかりにくかったので補足・・

Google apisのTeamタブの項目「Permissions」に、

「Can edit」という許可を選択し、

使用したいapp engineアプリケーションのService Account Nameを、

登録する必要がある。

Service Account Nameとは、

xxxxxxxxx@appspot.gserviceaccount.com

と言った形のもので、

appengineのapplication settingから見ることが出来る。

これで、解説ページの下の方にあるサンプルを、

bucket名を自分の環境にあるものに変えて、

deployすることで書き込みの動作が確認出来る。

(上記の許可がないと、

raise UnknownError()というエラーが出てしまう。)

また、試していないが、「Can edit」ではなく「isOwner」でももちろん大丈夫だと思う。