読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mac osxのsourceTreeでUnfuddle(git)にプッシュしてみる

今までgitはあまり使っていなかったので、

mac osxでの環境を整えてみました。

コマンドを毎回打つのはきついので、

まずクライアントソフトを選ぶことに。

有料の「Tower」というのも良さそうでしたが、

フリーである「sourceTree

を選択しました。(※mac app storeにもありました)

アップ先は、無料プランがあり、

subversionでは以前から使っている

Unfuddleを選択しました。

それでは以下、自分が行った手順になります。

■1

まずUnfuddle上でgitリポジトリを作る。

■2

リポジトリを作成すると、ローカルでどう設定するか説明の画面が表示されるが、

それをターミナルで行う必要は無い。

しかしその中の「Once you have created a Git repository, it's time associate the Unfuddle repository with your local one and designate it as an upstream server.」

と書かれたブロックの下の枠にある、

$ git remote add unfuddle git@xxxxx.unfuddle.com:xxxxx/xxxxx.git

とある部分を、

https://git@xxxxx.unfuddle.com:xxxxx/xxxxx.git

という、頭に「https://」を付けた形にしてコピーすることだけは行っておく。

■3

インストールしたsourceTreeを立ち上げると「ブックマーク」というウインドウが出ているので、

そこから「リポジトリを追加」→「リポジトリをクローン」の

「ソースパス/URL」の欄に2でコピーした文字列を入れ、

保存先フォルダを指定し、クローンする。

(※■2で頭にhttps;//を入れておかないと、

ここで入れた時にアドレスチェックで弾かれてしまう。)

■4

ここを参考に

SSHの公開鍵を登録しておく。

(登録しておかないと、プッシュ時に「Permission denied (publickey).」というエラーが出てしまう。)

これでひとまず設定は出来ましたが、

このままだとプッシュする際にエラー(return code 22)が出ていたので、その修正方法も・・

■プッシュする時、「プッシュ先のリポジトリ」の選択を「カスタム」に変え、

頭の「https://」を削除。

※毎回これをするのは面倒なので、

ファイルがあるディレクトリの「.git」(隠しフォルダになっている)フォルダ内の

「config」というファイルの「url」という項目が、設定に反映される部分なので、

頭のhttps://を削除しておく。

(となると、「■3」のsourceTree側のアドレスチェックを回避するためのみに、

頭にhttps://を入れただけで、最終的には不要になるという事でしたね・・)